ロゴ

写真01

園芸療法士資格制度

 

3 専門認定登録園芸療法士 
AまたはBのいずれかを満たす方は受験できます。
 
A 学会認定教育機関(東京農業大学・IWAD環境福祉専門学校)で所定の単位を取得し、かつ卒業後に園芸療法に関する就労経験が2000時間以上ある者。
出願は各教育機関・教育講座機関からの申請となります。

 

 

B 認定登録園芸療法士を取得後、継続して学会に3年以上所属し、以下のポイントの合計が10ポイント以上となるものは、専門認定登録園芸療法士の受験資格があります。
出願は個人での申請となります。

学会大会

・日本園芸療法学会大会への参加
・人間・植物関係学会への参加

1*

発表

・日本園芸療法学会または 
人間・植物関係学会大会での発表 
・園芸療法に関係する内容で他学会での発表
・その他の学会での発表

2*

 

1**
0.5**

論文

・日本園芸療法学会誌または 
人間・植物関係学会雑誌の査読付き論文
・他学会の査読付き論文  

2*

 

1**

     

 組み合わせは自由ですが、「*」は必須です。「発表」「論文」内においては「**」も認めます。ただし「**」はポイントが少ないので、注意してください。また、論文および発表は、筆頭者のみポイントの対象となります。ポイントに関しては、それを証明するもの(参加証明、受講証明、論文コピー、抄録コピー等)を添付してください。

 

 

受験申し込みについて

【Aの場合の提出書類】 
・受験申込書 (PDFファイルMSwordファイル) 
※出願後、メールでご連絡することがありますので、メールアドレスは必ず明記してください。(携帯のアドレスでも可ですが、パソコンからのメールを受け取れるようにしてください。)
・成績証明書
・受験資格証明書(PDFファイルMSwordファイル
・実習内容証明書(PDFファイルMSexcelファイル) 
・就労証明書(PDFファイルMSwordファイル) 
・ハガキ1通(返信用:受験者本人の住所と氏名を記載のこと)

 

【Bの場合の提出書類】
・受験申込書 (PDFファイルMSwordファイル) 
・成績証明書(四年制大学もしくは同等と認められるもの)
・ポイント内訳表(PDFファイルMSexcelファイル
・ハガキ1通(返信用:受験者本人の住所と氏名を記載のこと)

 

注1.証明書類は所属・受講の教育機関・団体の証明印が必要です。
注2.実習内容証明書は、各教育機関(あるいは教育講座)の代表者が責任をもって記述してください。不明点は証明者に連絡します。

 

〇願書受付期間(A・B共通)   
2017年12月25日(月)〜2018年2月2日(金)(消印有効) 

 

〇試験日および実施場所(A・B共通)
2018年2月25日(日) (名古屋市内:受験生に別途通知します)

 

〇受験料 20,000円(A・B共通)

 

〇問合せ先
日本園芸療法学会(あゆみ)事務局 内
資格審査委員長 宛
e-mail:office@jht-assc.jp(@を半角に変えて送付してください)

注1.原則として、電話での対応はいたしません。

 

〇出願後
(1)書類審査の可否については、2018年2月9日(金)を目途にハガキで通知いたします。受験資格に満たない場合は書類一式をお返しいたします。 
(2)受験料納入は(1)の通知後、一週間以内にお願いします。振込先は合格者のみに通知します。納入確認後、受験票を発送いたします。